中古市場

4人乗りのオープンカーの中古市場は、国産車が中心ですが若干ながら外車も流通しています。外車はおおよそ高級志向なので、新車では1000万円以上するタイプも多く、中古車になってもなかなか価格が落ちません。それに対して国産のオープンカーであれば、安いものであれば100万円以下で購入することができます。

 
ただ、流通量は2人乗りのオープンカーに比べて少ないので、選択の範囲はやや狭くなってしまうかもしれません。具体的に「アウディ」のA5カブリオレ20TFSIクワトロ4WDであれば、11年式で修理履歴なし、車検が2年程度残っている状態で走行距離4千キロ程度で、約500万円で販売されています。BMWの3シーズンカブリオレ328iの97式で走行距離7万5千キロであれば、本体価格約70万円程度で流通しています。

 
国産車で人気の高い「レクサス」ではISコンバーチブル250CバージョンLであれば11年式で1万1千キロで修理履歴なしの車検が2年程度で本体価格450万円程度で販売されています。オープンカーはある程度、よい状態のものを手に入れようと思うと、費用がかかってしまうことを覚悟のうえで購入しないと、選択の範囲が限られてしまうことが難点です。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。