フォルクスワーゲン

国民車として当時開発が進んだ1930年代にナチス政権下で、「一家に一台」をスローガンに生産台数を伸ばしたフォルクスワーゲンですが、現在では高級車タイプのオープンカーも生産しています。4人乗りのタイプは2種類で、フォルクスワーゲン「ニュービートルカブリオレ」は燃費面よりも、走行を重視したつくりとなっています。本体価格は、ほかの外車のオープンカーよりも比較的安価な値段設定となっており、3百万円台です。約2000CCで車体のフォルムは丸みを帯びた作りになっており、ルーフは電動で開閉が可能になっています。

 
フォルクスワーゲン「イオス」は2006年に登場した新型モデルで、早くからファンが注目していた人気の車種です。快適な走行を追求しており、フォルムはオープンカーならではの車体の低い流線形のシャープな作りになっているのが特徴です。車体価格は430万円台から500万円台と、やや高めに設定されています。6速で4気筒ターボがついていることが特徴です。国産車というイメージもありますが、エンジンや内装もしっかりとした作りになっているので、ぜひフォルクスワーゲンのファンは参考にしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。